賃貸でウッドデッキを設置する際の注意点

賃貸でウッドデッキを設置する際の注意点

 
賃貸物件でウッドデッキを設置する際の注意点としては、
まず事前に管理組合・管理会社への確認連絡が必要となります。

 

マンションには、ベランダやバルコニーに関する制約があることが多いこと、
避難路の規約、落下物の回避を目的とした規約などがあるからです。

 

特に、避難路を妨げるウッドデッキの設置は人命に関わる問題となります。
また、ウッドデッキは可燃物の為、
避難通路に設置するのは、火災等が発生した際に大きな障害となります。

 

排水溝を塞いでしまい、排水溝の掃除が出来なくなってしまった場合には、
万が一、漏水事故があった際に大問題となります。

 

その為、賃貸物件でウッドデッキを設置する際は、管理組合・管理会社へ、
ウッドデッキを設置して問題ないかについて、
また、問題ない場合はどの程度の設置方法であればよいか等を、確認する必要があります。

 

設置の許可が下りた際の注意点としては、隣近所への騒音問題等が考えられます。
設置をする際は、事前に、隣近所へお断りを入れておくのがマナーでしょう。

 

マンションの規則の中には「ベランダ、バルコニーに置くものは簡単に撤去出来るもの」と
云う決まり事が多いため、
簡単にウッドデッキを取り外せるようにする必要があります。

 

ご自分でDIYをする方法もありますが、
マンションのウッドデッキ設置実績のある業者にお願いすると、
作業時間が短くてすむため、隣近所へ騒音でご迷惑をかける期間も短くてすみますし、
マンションに向いている素材やデザインについてのアドバイスも受けられるので、
業者に依頼することをお勧めします。