ウッドデッキ 天然木ハードウッドの種類と耐久性

ウッドデッキ 天然木ハードウッドの種類と耐久性

ハードウッドには様々な種類がありますが、どれをウッドデッキに利用するかによって、
その後の耐久性や寿命などが異なってくるので、
種類別の特徴を知っておくと、設置前に検討しやすくなります。

 

ウリンというハードウッドは、クスノキ科の広葉樹で原産地は、
主にインドネシアやマレーシア、材色は黄褐色や赤褐色です。

 

ウリンは耐久性に優れており、鉄のように強いことから、
別名アイアンウッドと呼ばれており、現地では100年耐える木として伝えられています。

 

ウリンにはポリフェノールが含まれており、
このポリフェノールの強い殺菌効果が、防腐剤の役割となって腐りにくいのです。

 

また、ポリフェノールの影響で、水に濡れると材色に深みが増し、
メインテナンスなしで長期間使用可能です。
しかし、ポリフェノールが雨により染み出てきて、
水の流れ落ちる部分やウッドデッキの
周りを茶色に染めて汚してしまう欠点があります(数ヶ月ほどで落ち着きます)。
木の密度が高いために硬く、加工しづらく、高価です。

 

次にイペですが、ノウゼンカヅラ科の常緑広葉樹で原産地は、主にブラジルやペルー、材色は黄褐色です。

 

イペに含まれている成分のバラコールは、
防虫、シロアリに効果があり、屋外の耐用年数は30年以上ともいわれています。木の狂いも少なく、
ほとんどメインテナンスいらずですが、高価で木の密度が高いために硬くて、
加工しづらく、切断し取り付ける時は専用の道具や加工が必要になります。

 

また、セランカンバツというのもあります。
フタバガキ科の広葉樹で原産地は主にマレーシアやインドネシア、
材色は黄褐色ですが、辺材は淡色で時々灰色のしみがあります。

 

セランカンバツは原木が直材なため、
4メートル級の長い資材になり生産性に優れていて、
強度はチーク材の1.5倍でシロアリや菌にも強く、
屋外の耐用年数は15年〜20年くらいといわれています。

 

ウリンやイペに比べて硬くないため、
加工しやすくコストパフォーマンスにも優れていますが、
立木の段階で内側から虫食いがおこるので、
ピンホールのある資材がよくみられます。

 

その他のハードウッドには、イタウバ、アマゾンジャラ、クマル、サイプレス などがあります。
ハードウッドはそれぞれ加工性や価格、メインテナンスなどで
一長一短があるので、プロの業者に相談したほうが良いでしょう。